興味が出るようなタイトルにする

タイトルタグに書いてあることは検索結果で目立つ

サーチエンジンで検索すると、今も昔も変わることなくHTML内のTITLEタグに書かれている事が大きく表示されます。どんなにSEOに関する流れが変わっても、この事だけは一切変わるなくがなく今後も変わる事はないと予測されています。もしこのTITLEタグに書かれている事にインパクトがないと、ユーザーが検索結果を見ている時に順位が1位であっても無視されてしまう恐れがあります。そのため、どんなに面倒でも各ページに合ったタイトルを入れる事が非常に重要です。特にユーザーは何か知りたいことがあって情報検索する際に知りたい用語の後に「とは?」を入れて検索する傾向にある事で知られます。興味をもってもらうため、例えば用語解説系ページならTITLEタグ内に「とは?」という語句を最後に入れておく形をおすすめします。

ただし注意も必要です

TITLEタグの工夫により大幅にアクセスを向上させる事に成功した人の中には、成功に酔って調子に乗ってしまう人も多数存在してきました。さらなるアクセス向上のため、ページに書かれている内容をよりよくするのではなく手っ取り早くTITLEタグだけを改良してアクセスアップを目指す人もいます。しかし、ページに書かれている内容とは異なる事をTITLEタグに入れる事は幾つかの意味で絶対に行ってはなりません。まずは、TITLEタグと関係ない事が書かれているとユーザーをがっかりさせてしまいます。そしてもう一つ、近年サーチエンジンロボットは各サイト・ページの滞在時間をよくみて滞在時間の長いページを順位的に優遇しています。ユーザーがすぐに離脱してしまうようなページばかりだと中長期的にはどんどんアクセスが下がりますので、基本的には内容で勝負する事を第一に考えてください。

© Copyright Global Home Page. All Rights Reserved.