内部リンクを増やす

どんどん変化する上位表示の条件

1990年代までは、まだ今のようにネット上のWebページの数が多くなく、サイト運営者たちはちょっとした小手先の技術で上位表示を実現させる事が可能でした。しかし、2000年代に入るとサーチエンジンシェア世界一の某企業は「良いページは紹介したくなるはず」という考え方のもとでリンク数が多いページを優遇する方針をとります。それにも落とし穴があり、その方針を逆手にとってお金を支払ってリンクを買うような流れが広まり、どんなサイトでもお金があれば沢山のリンクを集められるようになりました。それによって、近年、サーチエンジンシェア世界1位の企業は方針転換を迫られ、ある事情により内部リンクの重要性が一気に高まってきています。

なぜ内部リンクが重要な意味をもつようになったのか?

なぜ内部リンクが一気に重要になってきたかというと、それは「滞在時間(の長さ)」に関連します。どういうことかというと「滞在時間の長いサイト・ページは付加価値の高い存在」という考え方のもとで、ユーザの滞在時間の長いサイトが有利になってきています。そして、サイト運営者たちは一度ページにアクセスしてくれた人を決して離す事なく、他のページにうまく誘導していく努力が求められています。そのため、内部リンク施策が不十分のサイトに関しては同じカテゴリ内のページを自動リンクさせて関連ページに誘導していかねばなりません。この努力を怠ると、今後どんどんサーチエンジンの順位が下がっていく恐れがあります。また、新たにホームページを開設する際は、内部リンクが上手く行えるCMSを選ぶことも大変重要です。

HP作成をするには、フリーソフトを使ったりIT企業に外注をしたりする方法がありますが、コストやHPの利用目的に応じて、理想的な方法を選ぶことが大切です。

© Copyright Global Home Page. All Rights Reserved.